小屋の音 coya-note

ニッケ鎮守の杜にある「galleryらふと」と「手仕事の庭」のこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

季語を楽しむ 4.28

季語を楽しむ、開催中です。

vol.1は明日、29日まで。
4月30日、5月1日、2日とお休みをいただいて、
vol.2は5月3日~6日となります。

rennge.jpg

今年は念願の、れんげ畑が広がりました。
らふとの小窓からもよく見えます。

先週、茶摘みをしました。
摘みたてのお茶の葉の若若しい色、きれいです。ただ今、らふとにて乾燥中。
乾燥した葉からはさわやかな香りが。
ochafresh.jpg ‥‥摘んでから一週間経つと‥‥ ochadry.jpg


今は、日付でいうと、晩春とも言われます。
歳時記の中では、れんげは春、茶摘みは夏。
今の庭は、春も夏もいりまじっている。
はて、春と言えばいいのか、夏と言えばいいのか。
「決めつけることはないのよ。
だって、たとえば高山は、まだ春の初めでしょう」と教えてもらいました。
肝心なのは、今目の前にあることから見つけたこと。

「季語を楽しむ」で、はがきを書いてくださった方のほとんどは、
遠く郷里に住むご両親や、離れて暮らすご家族や友人へ向けてのようです。
今、自分が暮らしている、また、暮らしに近い場所である、
らふとというところで、手仕事の庭で、こんな季語を見つけたよと。

元気だよ、の便りと共に、季節の言葉を贈ってみませんか。

もちろん、近くに住む家族や友人に改めて贈るのだっておすすめです。
私はこんなもの見つけたけれど、あなたはどうですか?、なんて。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。