FC2ブログ

小屋の音 coya-note

ニッケ鎮守の杜にある「galleryらふと」と「手仕事の庭」のこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

梅づくしの会

6月10日、らふとでは、梅づくしの会がありました。
案内役は、石田紀佳さん。

niwaume.jpg


昨秋に植えた梅の木3本。
手仕事の庭に注ぐ太陽を浴び、
そよぐ風に揺れ、
つぼみとお花と楽しませてくれたあとは、実の恵み。
そして、展覧会中だった中本純也さん、理詠さんは、
和歌山県龍神村産の梅を届けてくれました。
ふくふくぷっくり、青い梅。

梅づくしの会、
まずはお庭の梅の実の収穫からはじまります。
初めての収穫の梅の実は、
上出来のものから、かわいいものまで、全部で440グラム。
しょうゆ漬けにしました。
らふとのイベントのお料理でお出しできたら、と思います。

そして次は龍神村の梅の出番。
赤紫蘇梅干しは、黄熟した梅を使いますが、
らふとでは、青梅を塩漬けにする、白梅をつくります。

‥白梅、初めて聞きました。
 赤紫蘇もいれませんので、
 「最初は、まるで青白いしわしわのゴーストみたい!」と。
 それでも。
 石田さんが初めて白梅を作ってから、じっくり、待つこと5年。
 なんと梅は赤くなり、旨味がでてきたそうです。
 薬効もあるそう。

白梅づくりのデモンストレーションを通して、
梅干しづくりを教わります。
容器の消毒から、梅の下ごしらえ、漬けてからのこと。
みなさん、熱心に質問をしています。

ume-barでは、
石田さんが今まで作ってきた、
熟成年度の様々な梅干しや、
梅酒、みりん梅酒、梅ジュースに、
きんぴらに、煮色サラダに、きゅうりとトマトに梅しょうゆのかけたのや。。。
まさに、梅づくし。

noriume.jpgumenomimono.jpg


きんぴらにどんな風に梅が関わっているかと言うと、
梅酒に漬けていた梅を刻んで炒めてあります。

食べ物だけではありません。
梅は工芸にも使われます。
このume-barのお料理の中にも、梅と工芸にまつわるものが。
煮色サラダの煮色、とは、
金工の世界で、銅を加工する時に、
まず大根で銅を洗って梅酢で煮て色をつける、
その色を煮色というのだそうです。
だから、煮色サラダとは、
大根サラダに梅酢(梅を塩上げする時に出るもの)ドレッシングをかけたもの。
なるほど、です。

barの最後は、梅ケーキと烏梅茶。
烏梅茶のすっぱさとスモーキーな独特の味わい、なかなかのものです。
烏梅(梅の薫製)は、染色の媒染剤としても使われます。

まず、仕込みが、初めの一歩。
そしてじっくり時間をかけて、育て、味わう。
今回、梅づくしの会そのものの時間は2時間半程でしたが、
石田さんが、その時間の中でお話してくださったことや、
いただいたお料理は、
石田さんが10年間漬け続けてきたからこそのものでした。
2時間半の間に、10年分の時間がぎゅっと詰まっていたよう。
ご参加のみなさんからの質問も多く、
梅づくしの会を通して、
きっと、もっともっと知りたいことが増えたのではないかなと思います。
梅の深さ、はかりしれません。
でも、その深さを知って、取り入れられるところを取り入れてみる。
そうすることで、ぐんと、自分の深さも増すように思います。

みなさんには、
龍神村産の梅をお持ち帰りいただき、
さて、お家に帰って、何を仕込まれたのでしょう。
石田さんお手製の梅ノートには、
梅酒に梅シロップに梅干しの作り方が載っています。



1月のお味噌に続き、今度は初夏の仕事。
ひとつひとつ、"季節の仕事"が、生活の中に入ってきています。
私も早速、梅ノートを片手に、
龍神村の梅で、いろいろと仕込んでみました。
まだ漬けたばかりですが、白梅は5年後を楽しみに。
梅干しも私も、そのころはいったいどうなっているのだろうと。
共に熟成、できているでしょうか。
熟成待つ間も、毎年新しく漬けて、新鮮なものに触れながら。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。