小屋の音 coya-note

ニッケ鎮守の杜にある「galleryらふと」と「手仕事の庭」のこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

らふとのワークショップ受付始まりました

らふとのワークショップご応募受付がはじまりました。
8日12時まで、第1次受付となります。
皆様のご応募お待ちしております。


1/21(土)・22(日)
小屋に集って味噌仕込み
案内役:galleryらふと

IMG_0160.jpg

恒例の、味噌仕込みのシ-ズンとなりました。
大豆、糀、塩、そして季節が働いて。
仕込んだ味噌は、秋に新味噌の出来上がりです。
味噌テイスティングもしていただきます。
2011年仕込みの味噌を味見したら、大変美味しく仕上がっていました。
豆の風味、糀の甘み、芳しさ、...
手前味噌作りの楽しさとおいしさをご一緒させていただけましたら。
ほかほか大豆を炊いてお待ちしております。


2/25(土)
からむしを績む-指先から生まれる糸
講師:ますみえりこ

からむしの糸績みb

からむし(苧麻・イラクサ科)から糸を作り布を織る、
ますみえりこさんのワークショップです。
夏に茂るからむしを刈り取った繊維をつなげて糸を作ります。
最後の最後に糸車を使いますが、糸車に至るまでに、
まず指先で糸をよってつなげていきます。
指先も大事な道具のひとつなのです。
自分の目の前の、手と手の間、指先で生まれていく糸を見ていると、
気持ちが鎮まって行くように思います。

おぼけbi

ますみさんは普段、おぼけ、と呼ばれる桶に績んだ糸を溜めていきます。
からむしの繊維は独特の光沢があって、このおぼけを見ていると、
その美しさに吸い込まれそうです。


3/3(土)
鎮守の杜の色暦-桜蕾
案内役:galleryらふと

桜巾着2

ニッケ鎮守の杜、春の色は桜色。
ぐるりと囲むソメイヨシノの枝を煮出して染色をします。
桜は枝に赤色を持っていて、
夏の青葉は鮮やかな赤、秋の紅葉はしっとりとしたオレンジに。
そして春の桜蕾はピンク色に染まります。
今回は、らふと×naalmaal(洋服制作まるやままいさん)デザインの
オリジナル巾着を染めます。

200801051759392.jpg

煮出している時の香りは何かに煮ています。さて、何だと思いますか?


3/24(土)
庭日和、筆日和
講師:国分佳代

PC290591-1.jpg

デザイン書家、国分佳代さんの筆文字ワークショップです。
初々しい春の庭を歩いて思いついた一字の筆文字を練習をして、
パネルに仕上げます。
この筆文字は、確かに「字」を書いているのですが、
イメージをふくらませながら絵を描くような感覚に近いかもしれません。
国分さんにアドバイスを頂きながら書き続ける内に、
表情豊かな、面白い線が書ける様になるのです。
自分の得意な一文字ができるというのも嬉しいものです。
書道経験者も、筆を持つのはすごく久しぶり!という方も、
どちらの方にも発見があると思います。
パネル仕上げでは、和紙のコラージュも愉しみましょう。


お申し込みは、らふとmailフォームから。
[受付期間]
第一次:1月6日(金)10時~8日(日)12時
この期間は、お一人様ひとつの催事のみ受付いたします。応募多数の場合は抽選。
第二次:1月9日(月)10時~
定員に空きのある催事は先着順に承ります。(複数の催事へのお申し込みも承ります)

メール送信でエラーが出る場合は、
047-370-2244 galleryらふと までお電話をお願いいたします。
電話受付時間 10:00~19:00

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。